会社概要

真のクオリティが次の時代をつくる。

 いま、時代は大きく動き始めています。それは、最先端の情報技術とエレクトロニクス技術に裏づけされたグローバルな競争時代です。私たち個々の生活は、より豊かで、より心地よい社会へ向かおうとしていますが、経済社会にあっては生き残りをかけた厳しい時代になろうとしています。私たちは、この厳しい時代にあって、どのように立ち向かわなければならないか。それこそが、いま問われている大きな課題だと思います。

社長近影

 東洋精密機工は、創業以来、一貫して、プリント基板をはじめとし、さまざまな電子部品の金型生産を中心に事業を展開してまいりました。常に創意工夫を第一に、私たちの造る新しいタイプの金型は、高い精度と信頼性、そして使いやすさで、皆様より大きな評価を賜っております。また、最先端のエレクトロニクス機器を駆使したより合理的な生産方法、及びCAD/CAMシステム、情報システムなどの導入により、最短の納期でお届けし、皆様にご満足をいただいてきたと自負しております。

 この間に培われた技術、そして経験を次代にどう伝え、皆様のお役に立っていけるか。いままで経験したことのない新しい競争時代だからこそ、私たちも、長年の技術と経験に加えて、より大きな視野を持ちたいと考えています。例えば、電子機器の分野では、より一層の超小型化、高精度化が進み、それにともない金型についてもさらに厳しい評価基準が適用され、私たちにも大幅な意識改革が必要になると思われます。いままでの熟練技能者主体の金型屋のイメージから脱皮し、情報機器を駆使した技術集団として研鑽に励みたいと存じております。

 ますます多種・多様化する現代社会にあって、皆様の、そして時代のニーズに適切に対応できるように、全社員一丸となってより一層の努力を重ねてまいるつもりです。今後とも、格別のご指導とご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。